梅見の会・帯まわり③

皆さまの帯まわりも、第三コーナーを回ったというところでしょうか。

続いて、りんごさんは、蝶柄の泥大島に、相良刺繍の帯を角出しに結んでみえます。
昨年は、「着こなし講座」で着付け指導を、ご一緒にさせてもらいました。
色々な顔を持つ、りんごさんは「セラピスト」。詳しくはこちらをクリック→セラピーK
いつも感謝しています。

P1160015.jpg

背伸びをして、頑張って手に入れた帯だと話してくださいました。

P1160017.jpg

着こなし講座の後半に、ググッと頑張りをみせたHさん。
自転車で転んで肘にヒビが入ってしまい、型で固定している状態に。
始まる前に、着付けをさせていただきました。
一度も袖を通していない着物と帯。
絞りの小紋は、春らしいお色目で、梅見の会にピッタリでした。

P1160020.jpg

この後、支度をしてくれたお母様に見せに行かれたとのこと。
道中、知らない方から、綺麗に着ていらっしゃるわねと、声をかけられたと、にっこりしながらお知らせくださいました。
親孝行出来てよかったですね。私も嬉しいです。

黒地の小紋をすっきりと着こなしてみえます。
課外授業「大須巡り」でご一緒した、かおりん(juria)さんです。

P1160022.jpg

この会に間に合うように、ご自身で手縫いした着物に、塩瀬の波柄の帯。
流石、やるまいぞさん、格子の柄合わせもばっちりですね!

P1160032.jpg

薄手の着物地で作り直したのかもと思われる長じゅばんが、洒落ています。
大須のコメ兵で、手に入れたとのこと。

P1160037.jpg

波に千鳥

P1150898.jpg

篠笛が一年で素晴らしく上達した、なつきさん。
音符の柄の小紋に、押し花の帯。

P1150900.jpg

ト音記号のお太鼓の柄が、まさにピッタリ!

P1160042.jpg

りんご会、平日ランチ部の部長まゆみっくすさんは、羽織姿で。
赤、黄色、青、の三色を上手くまとめています。

P1160044.jpg

今回の着物紹介の中で、一番心に残ったエピソードのさじスプーンさん。
裂き織用に集まってきた着物の中から、一枚だけ綺麗な着物があったので、裂いてしまうのは勿体無いと、お許しを得て、持ち帰ったのでした。

P1160052.jpg

心優しい、さじスプーンさんに拾われた着物は、地紋起こしに、絞りが施された小紋。
七宝つなぎの地紋が、上手く生かされていて、よくお似合いでした。

P1160053.jpg

最後は、唯一の男性たろうさん。
伊勢木綿に、リバーシブルの羽織、袴姿、足元は水玉の足袋、と洒落ています。
まだ伺ったことはないのですが、蟹江町にて「染織ギャラリー松屋」をされていらっしゃいます。

P1160056.jpg

あまり綺麗に撮影できずに申し訳なかったです。。。

決して、着物自慢ではなくて、思い思いの着物に対する誠実なお話が、嬉しかったです。
お一人でご参加してくださる方も多く、はごろもを通じて、着物のお話が弾み、善い繋がりが出来たことが幸いでした。ありがとうございました。

まだ、梅見の会は続きますよ~。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Date: 2014.03.21
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR