岐阜の美殿町・まちでつくるビル

輪廻転生 松田悟と高山栄一、10年の記憶展、最終日に行ってきました。
美殿町のまちでつくるビル2F ペンギンブーツのアトリエにて。

P1160172.jpg

撮影は、すべて岐阜で行われたと伺いました。

美濃和紙に般若心経が書かれたドレスです。

P1160168.jpg

後ろのプリーツは、新聞紙!

P1160171.jpg

こちらは、ばい菌のアップリケが縫い付けられたポップなドレスです。

P1160169.jpg

後ろのプリーツは、漫画!
この写真だけで、どの漫画がわかる方は余程の漫画通?

P1160170.jpg

デザイナー松田氏とご一緒に。

P1160174.jpg

輪廻転生を、ポップなドレスで肉体を表現、般若心経の書かれたドレスは、精神を表しています。
我々の体は、死ぬと微生物に分解されて土にかえります。
肉体はなくなるけれど、全てがなくなる訳ではなく、その念により、人が生まれ変わり、死に変わりし続けます。

作品から感じたままを書きましたが、改めて言葉の意味を調べました。

「輪廻転生」とは、仏教語で、「輪廻」は車輪がぐるぐると回転し続けるように、人が何度も生死を繰り返すことを指し、「転生」は生まれ変わること。「転生輪廻てんしょうりんね」ともいわれます。

この輪廻転生から外れ、二度と生まれ変わらないことを解脱、涅槃に入ると、解釈しています。

仏教の考え方によれば、ブッダは釈迦牟尼仏ただ一人ではなく、遠い過去の世にも久しい間隔をおいてつぎつぎにブッタが世に現れて人々を救済したと、あります。「ブッタとその弟子89の物語」より。

デザインのテーマから、仏教に触れるとは。
「ブッタとその弟子89の物語」を読み返してみようと想います。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Date: 2014.03.31
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR