伊兵衛の会から、好日山荘へ

今回の伊兵衛の会は、五月ということもあり、皆さんが伊兵衛織の着物ではありませんでした。
久々のK先輩は、飯田の広瀬さんの紬を、一衣舎仕立てにされたものをお召しでした。

P1160484.jpg

光の加減で、生地の色がずいぶん違って撮影されてしまいますね。
楊柳のおしゃれな襦袢は、絹でも洗えるものを袖無双にされてみえました。

P1160493.jpg

これからの季節には、汗対策が必須!ということで、汗取りあしべや、へちまの活用はもちろんのこと、Yさんおすすめの登山用の肌着のことが話題になりました。
汗をかいて、その後、冷房の中で身体を冷やして、体調を崩すことがあったため、身体を冷やさない工夫がされたものを選ぶようになったとのことです。

それならばと、名鉄百貨店本店メンズ館5階の「好日山荘」へ、GO!

着物姿では、浮きまくりだったことでしょうね。

P1160503.jpg


二種類を選びましたが、後で説明書を読んでいたら、右側のものは着物には適さないことがわかり、後日交換に行ってきました。感じよく対応してくださいましたし、細かい説明もしてくださり、良かったです。

Yさんは、パタゴニア(米)のものをご愛用でした。
よく似たもので、バーグハウス(英)のが、セールになっていたため、私はそちらを購入。

違いは、糸の細さが少しパタゴニアの方が細いとのこと。
そのため、吸水性が早くのですが、若干保水力がその分弱いそうです。

毎日のことなので、二枚要るから、セールで2,800円は魅力でした。
パタゴニアは4,800円でしたから、二枚で5,600円!

ついでに防水スプレーも購入しました。雨コートの防水力が弱ってきていたので、補強するためです。
汗対策、梅雨の雨対策を、ボチボチとしておかないとね。

山へもお出かけくださいと、おすすめを受けました。
山開きの際は、神主さんは装束のまま、足元はわらじで登られるとのこと。

和裁の師匠は、海外の山へも登りに行くので、いつも凄いと尊敬しているのです。
師匠は、一針一針縫い進めていく和裁と、一歩一歩自分の足で歩いていく登山とは、似ていると話してくれたことがありました。
確かにそう思いますが、運針も、山歩きも自信がない、はごろもです。

まずは、登山用の肌着を試してみます。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Date: 2014.05.10
Category: お出かけ
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR