青土さんの麻の話

きものギャラリー睦月さんの名古屋池下教室にて、午後1時半から、
青土さんの麻のお話を、伺うことが出来ました。

仕事の休み変更があり、ちょうどよいタイミングでした。
昼間のお出かけですし、蒸し暑い名古屋ですから、小千谷縮にアバカの半幅帯を選びました。
麻は風が通り、涼しいですね。

地下鉄池下駅から、歩いて近くのマンションの一室で、着付け教室をされていらっしゃる睦月さん。
そのお部屋を使っての、展示即売会です。
6月18日まで開催されていますので、ぜひお出かけ下さいませ。

京都での素材展(こちらをクリック→2009.11)のときに、青土さんから求めた、アバカの帯。
お尋ねがあり、問い合わせましたが、あれからもう入らなくなってしまった、とのことでした。
あのタイミングで、お染さんと一緒に手に入れたのは、一期一会。

青土さんは、嬉しそうなお顔で、私の締めている帯を眺めながら、お話をして下さいました。
皆様にも珍しい帯を、ご披露できてよかったです。
珍しいといえば、「おひょう」の帯の方が、おみえでした。
お願いして、ご一緒に撮影させていただきました。

DSC_0105bb.jpg

向かって右側が、塩沢におひょうの帯。
左は、小千谷縮にアバカの半幅帯。

おひょうは、科布よりも柔らかく、霧吹きなどしなくてもそのまま締められるとのこと、でした。
おひょうって、魚でいるよね~、というお声も聞こえる中、思い出せないでいましたが、
調べたら、アイヌの織物、厚司(あつし)布のことでした。
初めて触らせていただきました。百聞は一見に如かず、ですね。

ニレ科の落葉高木。北地の山中に自生。葉は先が大きく三つに裂けていて、縁にぎざぎざがある。春、淡黄色の小花が群がって咲く。名は、アイヌ語の「オピウ」に由来するといわれ、繊維をとり、厚司(あつし)とよぶ布を織る。


アバカは、フィリピンのバナナの繊維です。
この半幅帯は、織ではなくマクラメ編み。

マクラメ編みとは、紐類を結びながらレース状にする手芸の技法で,もとはアラビアのラクダの背につける麻袋の房結びから発達したとされている。名称はアラビア語のミクラマmiqrama(組紐),トルコ語のマクラマmakrama(タオル)に由来する。8世紀ころムーア人が中東からスペインへ,12世紀ころには十字軍によってイタリアへも伝えられ,寺院の装飾品や僧服の房飾などに用いられた。


青土さんのお話は、いきなり、麻という植物はない、ということから始まりました。
苧麻、亜麻、大麻、はもちろん、科、芭蕉、ピーニャ、など、植物繊維全般のことを、麻と言うそうです。

日本語には、植物繊維全般を表す言葉「麻」がありますが、他の言語にはないそうです。
日本人は、色々な繊維を多く持ち、一万年前より現代まで伝えている稀有な民族なのです。
現代では、50%が化学繊維、残りの50%が、絹、木綿、ウール、麻。
麻(紡績も含む)は、4%なので、その中の手績みは、どれだけ!という貴重な布になってしまいました。

昨年近江で体験した「苧引き」、そして、細く裂いて撚りつないで長い糸にしていく「手績み」。
この一番土台となる糸を作る手仕事は、一万年前からすでに、確立されて、現在に至ります。

日本人は、ほんの50年前までは、自然と一体感を持って暮らしていたのです。
150年前に洋装が、600年前に木綿が、入ってきました。
それまでは、麻とともに生きてきた長い歴史があり、今たどれば、まだ辛うじて残っているものに触れることが出来るギリギリのところにきています。
まずは、自分の目でみて、触ることから。
そして、身に纏って感じること。
私にできることは、身に纏い、その感じたことを、まわりに言葉にして伝えていくことです。
今回の青土さんのお話、姿を通じて、感じさせていただきました。

このような貴重なお話会を開催してくださった睦月さんに感謝します。
青土さんのお話は尽きないくらい、楽しかったです。

正座には強い方なので、大丈夫でしたが、少し我慢比べ大会のようでしたね(笑)。
もちろん、跪坐で十分整えてから、立ち上がりましたよ。

お顔見知りの方もいらして、お声かけくださって嬉しかったです。
素敵なお品も沢山ありました。
ぜひ、お出かけになってご覧くださいませ。


↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Date: 2014.06.15
Category: 染め織り
Comments (4)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

睦月 横山てる美

Date2014.06.16 (月) 07:59:57

昨日はありがとうございました。
たくさんの方にいらして頂き嬉しかったです。
今後ともよろしくお願い致します。
またお時間あるとき遊びにいらして下さい(^^♪

ushiroda

Date2014.06.16 (月) 11:09:00

帯姿をご一緒にブログに載せていただき、ありがとうございます。

夏の間はこの帯の出番がますます増えそうです。

また、何かのイベントでお会いするかもしれませんね。その時はよろしくお願いいたします。

はごろも

Date2014.06.16 (月) 22:32:19

睦月 横山てる美さま☆
こちらこそ、ありがとうございました。
それぞれの立場で伝えていくことがありますよね。
美しい着物姿の方が増えたら、日本も美しくなると想います。
益々のご活躍をお祈りいたします。

はごろも

Date2014.06.16 (月) 22:40:01

ushirodaさま☆
コメントをありがとうございました。
お名前もお尋ねしないまま。。。失礼しました。
それに、帯まわりのみで、愛想なし。。。

すらりとしたおひょうの帯の方とインプットしましたが、お会いした時に違う帯の場合は、お声かけくださいませ。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Author:着物~はごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR