着物の寸法、鯨尺と曲尺とセンチ

着物の寸法をお尋ねすると、尺で答える方と、センチで答える方がいらっしゃいます。
尺と言っても、着物の寸法は「鯨尺」で測ります。
鯨尺の1尺は約37.8cm。

しかし、東北地方では、着物の寸法を鯨尺ではなく曲尺を使うため、同じ尺でも寸法が違ってきてしまいます。
曲尺の1尺は約30.3cmです。
青森、秋田、岩手、山形、福島までと記憶していますが、現地の方、現在でも変わりないでしょうか?

最近、着付けをはじめられた方が、そのあたりのことを勘違いされて、寸法が違っていたわ~!と、慌ててみえましたが、
鯨尺で換算して大丈夫だということがわかり、安心されました。

鯨尺メジャー 尺とcmのリバーシブルタイプのものをおすすめしましたよ。



昔からある着物の寸法に、なぜ尺とcmが使われるようになったか、尺貫法とメートル法のことをご存知でしたら、説明入りませんね。

日本では、計量法により、1958年12月31日限り(土地と建物の計量については1966年3月31日限り)で取引や証明に尺貫法を用いることは禁止された。違反者は50万円以下の罰金に処せられる(計量法第8条、第173条第1号)が、実際には伝統的な業種では黙認されている。

政府によるメートル法の厳しすぎる施行で過度に排除された尺貫法の復権を志す運動により、伝統的な業種において慣習としての尺貫法の例外的使用を認めさせたのです。
これは、永六輔氏 の「尺貫法復権運動」の功績です。

日本古来からの測量単位を使ってはいけなくなるというのは、可笑しな話だと思うのですが、上手く使い分けをしていくことを考える余地はなかったのでしょうか。
経緯をまとめたサイトを見つけました。こちらをクリック→探検コム

着物暮らしになってから、新しい単位として、鯨尺を覚えました。
着物の仕立ては、センチを使うより、鯨尺がしっくりきます。
しかし、仕事ではお客様に合わせて尺でもセンチでも対応していますし、うっかり曲尺で換算して驚かれる方にもわかるように説明しています。
洋装と和装とを使い分けるように、単位も上手く使い分けられると良いですね。
今でも真珠の単位は世界的に「匁」と「貫」が使われています。もちろんグラムも使われていますけれど。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Date: 2014.09.07
Category: 日本文化
Comments (2)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

永遠のJガール

Date2014.09.08 (月) 22:26:46

テレビや映画、舞台のセットを建てるときも尺貫法なんですよね。〇間とか、〇尺〇寸と職人さんの間で普通に飛び交ってました。

かっこいいと思い、私も覚えましたよ。

着物~はごろも

Date2014.09.09 (火) 01:01:54

Jガールさま☆
その道はその道で、しっくりくる単位がありますよね。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR