九月の着こなし講座

毎月第三火曜は、「着こなし講座」を開催しております。
八月は夏休みでしたから、久しぶりです。

九月は、長襦袢の着方をしっかりとお伝えしました。
着物を着る上で、土台となる長襦袢の衿元がきれいに決まることは大切です。

昼の部の生徒さんが、ブログに書いてくださいました。
日本語教師tamadoのブログ

夜の部では、黒留袖の帯合わせを兼ねて、着付けさせてもらいました。
御子息様の結婚が決まり、秋に着られる予定です。
派手かしら?と気にされてましたが、銀の帯を合わせることで落ち着いた印象になりました。
(あ、その方の携帯で写真撮影しましたが、自分のカメラに納めてなかった。。。)
ご自分の寸法でお誂えした黒留袖でしたから、着せやすかったです。

レンタルの留袖の場合は、寸法が合わない場合も多々あります。
それも承知で着付けが出来るのが、着付け師です。
月末に、レンタルの留袖、二名の着付けを受けたので、やるまいぞさんにモデルをしてもらいました。
たまたま、お稽古に持ってきた着物の背縫いがほつれてしまい、長襦袢までで、しばし、モデルに。
何事も前向きなので、装束付けの稽古だと思って立っていてくださいました。

黒留袖は身幅が広めなものを、着付け師の先輩が貸してくださいました。

10304336_717676728279958_2678299365983100674_n.jpg

私の振袖に合わせた帯を、二重太鼓に結びました。
和綴本の柄です。
意外に使える袋帯です。

10628314_717676718279959_3884260651881796259_n.jpg


やるまいぞさんは、狂言を習ってみえます。
9月27日28日「和泉流狂言大会」では、装束をつけて、名古屋能楽堂の舞台に出られます。
無料ですし、お時間のある方は、ぜひお出かけ下さいませ。

10635957_649166611847152_3967879805854321447_n.jpg

10687186_649166698513810_4514084916280766482_n.jpg

今年は、結婚や出産のおめでたい話題をよく耳にします。
お祝いする、ご披露する、ご挨拶する、改まった行事には、ハレの日の着物をお召になっていただきたいです。

黒留袖の姿をみて、夜の部の方からは、やっぱりいいわねぇ~!立派!という声が上がりました。
女っぷりも上がりますね。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Date: 2014.09.17
Category: 着付け
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR