良い言葉を拾いました。

通勤電車の中で、素敵な言葉を追いかけていたら、うっかり乗り過ごして、名古屋駅まで行ってしまいました。

慌てて戻りましたよ。時間の余裕があってよかったです。

10395847_721369324620728_6578415189893535584_n.jpg

今日は、良い言葉を拾いました。
覚書を兼ねて、少しお福分けします。

いい表情を作るには「こめかみで微笑みなさい」

なぜならこめかみは、美しい表情をつくる隠れたポイントだから。
頭皮にグッと力を入れ、おでこをキュと引っ張るようなつもりでこめかみに力を入れると、自然に口角があがり、ほおにも張りが出て凛とした美しい笑顔になるはずです。

『田中宥久子 美の法則』


頭が痛い時に抑えるだけではない、こめかみの活用方法は、意外に知られていないのじゃないかしら。
接客業では、口角を上げるようにという指導はありますが、こめかみからというのは伺ったことがありませんでした。
口元は微笑んでいても、目が笑っていない怖い人たちを、見てきましたからねえ。
「目は口程に物を言う」ですな。
これからは、こめかみを意識してみます。



シワが八本になったらおしまい

『田中宥久子 美の法則』


ええー!、タコの八ちゃんではないですが、気をつけたいものです。

もっとすごいのが、ありました。

女が現役を降りるのはあごのラインがもたついたとき。
女優もあごでギャラが決まる。


とてもシビアです。

やたらとシワが多い人は精神的に不安や不満を抱えている人。
眉間のあたりに透明感を感じさせる人は、前向きに生きてきた人。

『田中宥久子 美の法則』

人から見られる確率が最も高いのは、横。
実は横は、自分にとって最大の死角なのです。
だからこそ、顔もカラダも側面部分のお手入れがとても大切。
側面を制することで、美しさは確実にアップする。

確かに、脇が甘いといけませんね。

立つときも、座るときも、常に姿勢をよくするように心がけます。そうすると、背筋が強くなり、お腹が出てこない。
正しい姿勢というのは、ある種の腹筋運動です。

正しい姿勢は、着物と帯に助けられています。有り難いです。

このような言葉が続くので、ついつい自分に問いかけていました。
歳を重ねると、気がつかれても、直接言ってもらえることが少なくなってきます。
そのため自分に問いかける言葉は、耳が痛くても必要です。

あとがきにも、素敵な言葉がありました。
「幸せ」という言葉を忘れないでほしいのです。

田中宥久子さんは、昨年の春にお亡くなりになられましたが、こうして素敵な言葉を受け取りました。
ありがとうございます。



↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
Date: 2014.10.20
Category: 健康・美容
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Author:着物~はごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR