茶道部・お盆点てをあれこれ想定して。

夏着物を着るのも残すところ後少しとなりました。
まだ二回しか着ていない夏黄八を着てしまおうと、先日と同じ帯合わせ科布を、そして、帯締めは冠(ゆるぎ)組にしてみました。
ざっと降った雨の時はお稽古中で、帰りには上がっていたので助かりました。

2012.8.29 001

色紙は、「至理無言」(しりむごん)
理(ことわり)の絶対の境地に至っては、是非の言をいれる余地などない、という意味です。
言葉のない境地に至ってみたいものです。

お花は、矢作薄、芙蓉、ミヤマホトトギス
普通のホトトギスは紫がかった花の色をしていますが、こちらの小ぶりのミヤマホトトギスは青系の花びらをしておりました。花の色が違うだけて印象がずいぶんと変わるものです。

茶道部のお稽古は、5日に向けてのお盆点て。
もしかすると、お茶の先生が参加されるかもしれないということを昨日伺いまして、慌てた次第です。
先生がお見えになったらお正客をしていただき、懐を借りる気持ちでおりますが、拝見ものがあった場合の対応も考えておかないと!
仮に、なくても予習はしておこうと、お願いしました。
お客様の座る位置、ご挨拶の言葉、お菓子の出し方、7名の方へ順序良くお茶を召し上がっていただくための配慮、などなど。
和裁部の気心が知れた方々ですが、下手なお手前にお付き合い頂く訳ですから、粗相がないように何事も段取りが大事だと、無謀な亭主役のためにあれこれとご指導を頂きました。

今年の郡上踊りでもそうですが、お免状にチャレンジしてみて、自分の下手さ加減に気がつくことができ、丁寧に踊れるようになりたいものだと思えるようになりました。やってみて見えてくるものがあります。
今回の、お盆点ての亭主役も無謀ですが、機会を与えてくださったのでチャレンジあるのみです。
あたって砕けろ!の精神で、生きているような私です。
こうなったら、そう思える仕事が見つかりますように!と祈ることにします。





ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Date: 2012.08.29
Category: 茶道部
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR