なんちゃって染色補正と、繕いもの

着物を着続けていると、綻びなどでてきますので、繕いものが要ります。
また、着せ付けのお稽古をしてみえる方は分かるかと思いますが、袖付けがほつれてきたりするのです。

先日、京都のみすや針さんでお針を購入したので、綻び直しを少々。
あまり得意ではないので、新しい針で気持ちを上げてチクチクしました。

お稽古用にと頂いた振袖は、袖付けのほつれの他に、右の後ろ袖にある白い菊の花びらに茶色のシミが沢山あります。

2015CIMG2682.jpg

本職の染色補正の方からみたら、怒られてしまいそうですが、お稽古でつかうため、少し茶色のシミが目立たないようにしてみました。化粧で言えば、シミ隠しのコンシーラーです。
なんちゃってなので、突っ込まないでくださいね。

2015CIMG2684.jpg

きちんとしたやり方も自分が出来ないにしても、知っております。
ビニールテープを貼り、デザインカッターで柄の部分をテープのみ切り、この場合は白い花びらなので胡粉を使い、丁寧にシミの部分を塗り重ね、目立たなく化粧直しをします。
文字通りの化粧直しですから、厚塗りはダメです。そうすれば完璧!

ですが、そこまでの技量がないので、修正ペンと布絵用のアクリル絵の具を使いました。
友禅の仕上げでもアクリル絵の具は使用することがありますがら、大丈夫。

お稽古するときに、茶色シミよりはましというくらいです。
家に居たら、ゴソゴソをやることはいっぱいあります。

こうして画像で見ても、友禅の先生にみせたら、怒られちゃいそう~。(汗)






↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Date: 2015.08.14
Category: 着物まわり
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR