苦しいのが、お好き?

「苦しいのが、お好き?」と尋ねたくなるくらい、頑張って着物を着てみえる方がいらっしゃいます。
先日の「着物でお出かけ」でも見かけて、きっと苦しいだろうなぁと、お声をかけ、手直ししたら、あー、とても楽になった~!と喜ばれました。

だって、帯枕の紐を、みぞおちの所でギューと結んでいるのですもの。
帯揚げも綺麗に納まりません。

着付けを始められて、頑張って着てきました!とお店に立ち寄ってくださる方からも、帯揚げが上手くできません~!とご相談を受けることがあります。手順は習われているのですから、出来るのだと思いますが、帯枕の紐の納め方まで、気が回らないのでしょう。
よく、帯枕の紐を下の方に入れ込むと言われたけれど、しっかり締めると入らない~!というお声も伺います。
そのまま下に入れようとしても、確かに難しいです。
では、どうするかというと、脇から中心に向かうように指をいれて、左右を扱きます。指をいれて扱いた分のゆとりが出来ますので、下に入れ込むことが出来るのです。

なーんだ、そんな簡単なこと!と思われますが、意外と、言われないと思いつかないことがあります。
一生懸命に頑張ってやっていると、特に力がはいってしまいますもの。

着付けの本には書かれていない、些細なことだけれど、意外に大事なことがあります。
着物を自分で着ることで、段々とその些細なことに気が付き、着物姿が決まっていきます。
受け皿は、人それぞれですが、着物を着ることは、自分をより深く知ることになります。

お休みの日に着物を着るようになって、イライラすることが減ったの!
仕事が忙しかったけど、時間を作って着物を着たら、癒されたので、また着たくなりました!

若い方が、嬉しそうにそのようなことを話て下さるのです。
着物の秘密!ですね。
ただのファッションではないのです。

大切に自分の身を包むもの。

そのように感じて、着物を着てみてはいかがでしょう。

201510CIMG3553.jpg



「帯いろいろ特集」で、浦野理一さんの経節紬無地の帯が入ってきました!
これは、誰かに言いたくなりますので、呟いてみました。








↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Date: 2015.11.10
Category: 着付け
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR