町屋カフェの違和感

今年最後の休みは、大掃除!
換気扇、ガスレンジ、玄関などの外回りなど、なかなか出来い所を重点的に綺麗にできました。
綺麗になると、気分がいいです。

朝は、父とモーニングに。
行きつけのお店が二軒ともお休みだったので、初めてのお店に行ってみました。
町屋カフェと謳っているお店でした。
浴衣を二部式にしたものにカフェエプロンをして、帯をしていない格好に、ペタペタと音をたてて歩くウレタンソールの草履や、黒い靴下足袋に赤い下駄の女の子たちが居て、給仕をしてくれるのだけれども、とても違和感を感じました。
年中、この制服なのかしら?

フランチャイズの全国展開しているお店なのですね。

お店を見渡すと、扇子が広げて飾ってあるのだけれど、飾り扇ではなくて普通の扇ぐための扇子がいくつも飾ってあり、ミニ団扇もあり、いつの季節のしつらえかしら?と、こちらも違和感がありました。

丁寧な接客を意識しているようでしたので、それは好感を持てましたが、季節外れの違和感は何とも言えませんでした。
あまり批判的ことは書かないのですが、これには驚きもあり、書かずにはいられなかったです。

あら、そんなの食べ物屋さんではよく見かけるわよ、と片づけられることなのかしら?
うどん屋さんや蕎麦屋さんでみかけるのは、浴衣ではなかったと思われます。
浴衣を着て接客するのは、浴衣売場を始め、夏の時期なら浴衣まつりなどイベントでみられますが、この冬の時期も着続けているのは、いかがなものでしょう。

帯をつけないのなら、袴をつけたら、まだ格好がつくと思います。
お店側は少しでも制服にコストをかけないで、和風にしたいのかと思いましたが、この時期の浴衣は若い女の子でも痛い感じです。そういえば、昨日、家の前をそのような格好で歩いているの中年の女性をみかけて、びっくりしたのを思い出しました。
お店の帰りだったのですね。

衣替えという言葉は、ないのかしら?

うるさいことを言うようですが、色々なことがなし崩しにされていく昨今に、きちんと伝えていかないといけないことがあると想い、書いています。


まわりで着物を着て普通に生活している人を見かけなくなってしまったから久しい現代です。
着物暮らしは、絶滅危惧種でしょうか?

今年は、満里子先生の「和の暮らし歳時記教室」にて、色々なことを教えて頂きました。
日本に住んでいて、季節折々の行事を大切にする日本人の心を忘れてはなりませぬ。
特別なことではなく、四季を感じながら、自然の恵みに感謝する暮らしです。
今一度、日本の心を大切に守り育てていくことを、この違和感が気づかせてくれました。
ありがとうございます。

201512CIMG3897.jpg


今年は、庭の金の生る木に花芽が沢山つきました。
少し膨らみかけたものもあり、暖かければ一輪でもお正月に咲くと嬉しいなとぁ、と願っています。

いつも、「着物暮らし はごろも」をご覧いただき、ありがとうございます。
どうぞ、良いお年をお迎えくださいませ。
来年も、よろしくお願い申し上げます。






↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
Date: 2015.12.28
Category: 出来事
Comments (2)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

tanahana

Date2015.12.30 (水) 11:11:14

こんにちは。
「いろいろなことがなし崩しにされていく」
本当にその通りですね。
ちょこちょこと引っかかることが多いです。
でもあまりにもちょこっとで数も多いので、なんとなく流してしまって・・・
気づいたら酷いことに。
私自身も何かと雑な暮らししかできていないことを反省しつつ、
気づいたときに気づいたことから立て直そうと思いました。
いつも心に響く記事をありがとうございます。
よいお年を。

はごろも

Date2015.12.30 (水) 23:05:20

tanahanaさま☆
今晩は。

祖先を尊ぶ
自分の国を尊ぶ
伝統を受け継ぐ

着物も形式をみるのではなく、本質をみて身に纏っていきたいものです。

良いお年をお迎えくださいませ。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR