成岩公民館・着物教室でした。

第四月曜日は、成岩公民館の着物居室でした。
第三火曜日は、日本料理和楽さんでの着こなし講座で、月に二回、着物の着方など、着物まわりのことをお伝えしております。
2月16日(火)は、名古屋帯をしっかり覚えたいというリクエストがあり、折りあげて仮紐を使うやり方をお稽古しました。

本日は、御自身で織られて、仕立てた名古屋帯の仕上がり確認のため、和裁部師匠もお稽古に来られました。
機に掛けてあるときには長さがあると思ったけれど、少し短かった。。。という結果でした。
しかし、そこは和裁部の師匠ですから、手先をほどいて入れ込んであるものを最大限だしてみる!と修正案が浮かびました。
手が動くというのは、工夫が生まれるということですね。

木綿の細い糸に、パーニュの残布を裂織でお太鼓と前柄にいれてあります。
最後の最後まで布を活かす師匠には、頭が下がります。

201602CIMG4134.jpg


前柄も良い感じです。

ヘアピンに手作りの梅を試作してくださいました。
「梅見の会」へご参加のみなさま!この梅をチクチクして作りますよ~!!!
ソーイングセットをお持ちくださいね。出来れば絹針をおすすめします。
糸は何色でも構いません。
ご不明な点は、お尋ねくださいませ。


201602CIMG4132.jpg


Iさんは、前結びで名古屋帯のお太鼓を、初めての帯で結んでみました。
お太鼓のお馬さんが良い感じです。

201602CIMG4138.jpg


続けてやらないと、どこか抜けて忘れてしまいます。
私も毎日やっていることは出来るけれども、しばらくやっていないことは、どうだったっけ???となってしまいます。
同じですね。
でも、ここに来て、ああそうだった!と思い出して形になれば、嬉しいです。

201602CIMG4139.jpg


もう帯締めの結び方はしっかり覚えて下さっていると思っていた方が、実は、五分五分で、上手くいく日とそうでない日があるんですー!と告白してくださいました。
あれれ。。。それは、いかんがねー!(名古屋弁?)
強制的に帯締め完全マスターのため、毎日結ぶことを宿題にしました。
そして、提出は、26日に東山荘に来た時に私に結んでみること!にしました。
頑張ってくださいね。

お稽古することが目的ではなく、一人でサクサク着付けが出来るようになることです。
一発で出来てしまえば来なくていいし、不安があれば毎回来てくださればいいのです。
綺麗な着物姿の方が増えると、日本も美しくなると考えて、取り組んでおります。

次回の成岩公民館の着物教室は、お祭りの関係で、第三月曜日に変更になりました。
3月21日祝日、午後1時半から3時半です。
お間違えの無いようにお願いいたします。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Date: 2016.02.22
Category: 着付け
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Author:着物~はごろも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR