FC2ブログ

醤油の搾り&瓶詰め

平成30年4月18日に仕込み、ふた夏を越したもろみを搾りました。
令和元年10月30日に搾り、塩分濃度の調整と火入れをして、澱が沈殿するのを待つため、しばらく置きます。
そして、11月4日に46リットルのお醤油の瓶詰め、ラベルを貼りをして、完成しました!

1573097771510b.jpg

お醤油仲間の村長手作りのかき混ぜ棒。

ラベルは、友人の書を、お醤油仲間ののりさんがPCで作成してくださいました。

皆さんのお力のおかげです。

作業して、皆で頂く、卵かけご飯の美味しいこと!

line_31769476988660.jpg

豆腐も♪

line_32057517465633.jpg

10月30日の搾りの日は、季の野の台所さんの指導の元、搾りの作業から。
先ずは、搾りの道具を設置します。

20191030.jpg

もろみを袋に入れていきます。

20191030_104114.jpg


もろみの入った袋を、平らに並べていきます。

20191030_105221.jpg


木枠を入れて、ジャッキで圧をかけて搾っていきます。

20191030_110502.jpg


搾り終えたら、塩分濃度の調整をして、発酵がすすまないように80度まで火を入れます。

20191030_121733.jpg

この間に、お昼ご飯。
まだ作業があるので、さくっと頂きました。
ご飯は、あっという間に空っぽになりましたよ。

29550623_1657180811067981_898065642_n_20191109002832d42.jpg

容器に移し替えて、澱が沈殿するのを待つため、しばらく置いておきます。

75398142_2435319396523362_989704294863208448_nb.jpg

季の野の台所さんにご指導いただて、ありがとうございました。


11月4日、良い香りが漂うなか、高低差をつけてチューブを使い、サイフォンの原理で上澄みを別の容器に移し替えました。

1573097808804.jpg


その間に、皆さんで一升瓶のラベル剥がしをして、各自で、自分の分を瓶詰しましたよ。

line_32033619258507.jpg


46リットルのお醤油の瓶詰め完了!

鮎雑炊も出来上がり、搾りの時より少し豪華なお昼になりました。


1573097766268_20191109004614e0a.jpg


鮎の甘露煮も載せて♪

line_32066892143911.jpg


最後に、庭のローゼルをお茶にして、乾杯!

line_32078492993906.jpg


平成、令和、時代をまたぎ、醸し出されたお醤油です。
お醤油仲間のご縁に感謝します。

line_31936155268752_20191109005548ed8.jpg


搾りかすが、これまた美味しくて♪




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村




Date: 2019.11.08
Category: 食べもの
Comments (0)Trackbacks (0)

田舎暮らしの経済学

発酵料理家の塩谷明代さんが主宰の学びの会へ、出かけました。

会場は、知多郡美浜町野間にあります ao cafeさん

『田舎暮らしの経済学』
〜あなたらしい幸せの経済と資本主義〜
講師の中尾佳貴さんは、子供にもわかるような形で経済のことお話してくださいました。

20191029_105434.jpg


おやつ
塩谷明代さん
ao cafeさん

20191029_134542b.jpg


お昼は、一品持ち寄り

20191029_121015.jpg


はじめましての方と、知っているお顔の方と半々でした。
個性豊かな方が多く、刺激を受けましたよ。

今の日本のお金の流れ、地域でお金が回らない理由、GDP(国内総生産)の正体。
しあわせなお金の循環に、気がつけるようなワーク。
色々な方のお話も伺いました。

講師の方は、「オープン ヨシキ」と呼んでいましたが、講座の内容などはシェアして伝えてくれていいですよ、というスタイル。
会費はドネーション。
その意味合いも、きちんとお伝え下さっていて、具体的にどのようにして欲しいのかが明らかでした。
ワークでも感じましたが、「できること」 「してほしいこと」 を具体的にするほど手をあげて下さる方があるのです。

10時~16時の講座でしたが、終了後も和やかで、気が付いたら17時!
夜の教室があったので慌てて、名古屋へ走りました。

お誘いくださったSさん、ありがとうございました。
木灰のご縁もつながり、それぞれ自分の色を知り、学びと共に、豊かなつながりを感じた一日でした。





↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村



Date: 2019.11.03
Category: 講座
Comments (0)Trackbacks (0)

10月の着物教室&着こなし講座

令和1年11月1日
今年もあと二ヶ月ですね。
いろいろとあるのだけれど、ブログを書くところまで追いつかずな日々です。
前後しますが、記事にしていきたいと思います。

やっと袷の着物が着やすい季節になりました。
月に一回でもお稽古を続けていると、着物がだんだんと馴染んてきているのがわかります。

20191028_144019.jpg

20191028_144141.jpg

清流庵では、月に一回 月曜日の午後 
日本料理和楽さんでは、月に一回 火曜日の夜
着物暮らし はごろもの着物教室、着こなし講座を主宰しております。

18943.jpg


18942.jpg

皆さんの着物と帯の取り合わせも、楽しいです。

20191029_204150.jpg


20191029_204211.jpg


ちらりと見える長襦袢は、着物のリメイク。
頂き物の赤い鮫小紋は、裏地は黄ばんでいて寸法も合わないものでした。
解いて水洗いをして、長襦袢へ繰りまわししました。
お家で洗えるように絹糸ではなく、ポリエステルの糸で縫い、水洗い仕様に。
小紋や紬に、気軽に着ていただけますね。

20191029_204122.jpg

繰りまわし、お仕立てのご相談なども承っております。


究極の繰りまわしは、裂織りですね。
黄ばんだ胴裏も、裂いてしまうとベージュ色の緯糸になってしまうのには驚きました。
元をたどれば、お蚕さまのいのちのうつしかえ。
こころして身に纏いたいものです。

いつもはカルタ結びが多いのですが、風船太鼓にすると帯の表情が変わります。

20191029.jpg

清流庵 着物教室 (半田市泉町)
11月25日(月) 13時半~15時半
12月2日(月)  13時半~15時半
一回 1500円

日本料理和楽さん 着こなし講座 (名古屋市千種区日岡町)
11月26日(火)  18時45分~20時45分
12月24日(火)  18時45分~20時45分
一回 2000円+100円(光熱費)

お問い合わせ先
info☆kimono-hagoromo.com (☆を@に変えて送信して下さい)


お正月に着物を着よう!と思い立ったら、まだ間に合いますよ。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村









Date: 2019.11.01
Category: 着付け
Comments (0)Trackbacks (0)

裂織りを少しずつ

裂織りの緯糸のつなぎ目をどうするか、あれこれと試して、この方法に落ち着きました。
一本の経糸に緯糸を交互にくぐらせます。

綴れ織りと言うことらしい。

新しいことは、慣れるまで時間がかかります。




秋色に、時々はっとする色を取り混ぜて。
来週は機織りができないので、少しずつ楽しんで織ってゆきます。

今日のおやつは、大学いも♪
機織りのお仲間のお手製です。

20191023_121615.jpg


もふもふのマットは、端の始末をしたら使えるようになります。
がんばろー。




↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村



Date: 2019.10.23
Category: 染め織り
Comments (0)Trackbacks (0)

和の暮らし歳時記教室2019・10

「こきりこ ささら」 を初めて手にして、音を鳴らしました。
「筑子」 と書いて、「こきりこ」 
「ささら」は、短冊形の薄い桧(ひのき)の板が108枚、糸でつづってある打楽器です。

20191019_192824.jpg

「ささら」は、108つの煩悩(ぼんのう)を払う厄よけとして、床の間に飾ったりもします。
楽器として楽しむことは勿論、演奏しない時は厄よけとして飾れる楽器なのです。

先日のインスタレーションの会場に置かれていたのは、拝見しておりました。
会場では触ることがなかったので、こうして手に取ることができ、音が出ると嬉しいものですね。

インスタレーションのお話から始まり、和菓子とお茶を頂きました。
器を選び、お菓子を盛り付けます。
どの器を使うかも、各自のもてなしのセンスです。


20191018174244b.jpg


同じお菓子でも器が変わると、お菓子の表情が変わります。

20191018174314b.jpg


塗りの器の扱い、懐紙の使い方、美しい所作。
本物を丁寧に扱う心得を学びます。


20191018174415b.jpg


「海底に 太古に生きる いきものの命をおもふ この貝にして」

自転車でやってきて、ポケットからこの様な素敵な貝(はまぐり)を出して、手渡されるなんて!
満里子先生の周りには、洒落たことをする御仁がいらっしゃるのですね。


20191018174555b.jpg


新しい体験の方もご一緒して、賑やかなお稽古でした。


20191019_192837.jpg


「雄飛」のお軸を掛けて、インスタレーションに望まれた満里子先生。
文字からのエネルギーも味方につけるのです。

20191018174627b.jpg


海原をゆく船のようにも感じられる、秋の設え。






↓↓↓ 応援のポチッとをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村






Date: 2019.10.19
Category: Mariko-Style
Comments (0)Trackbacks (0)
プロフィール

着物~はごろも

Author:着物~はごろも
「着物暮らし はごろも」FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR